Screenshot_20200403-165404_Chrome


プロや競技シーンだけでなく、ゲーミングモニターは、PCゲームや家庭用ゲームでも必需品となりました。
144hzや現行最高240Hz等、各メーカーが鎬を削る中、ASUSから世界初280hzのモニターが国内販売される事になりました。
ASUS JAPANより【 TUF Gaming vg279QM】
を発表 4月24日販売
製品ページ


その性能とは?

製品の内容とどのような機能があるのか見ていきましょう。

4月

特に注目が集まるのがなんといっても、最大280HZという業界初のリフレッシュレート

これまで最高240HZを上回る、滑らか&超高画質を実現
144HZの倍の280HZは最強です。

従来のIPSパネルより液晶素子のスイッチングを4倍速にした「ASUS Fast IPSディスプレイ」を採用。1ms(GtoG)の高速応答を実現しており、スミアやモーションブラー(画面ブレ)を取り除けるという
今まで以上の性能となっています。

20200403111703_814_

さらに、DCI-P3 95%の色域とコントラスト比1000:1が高画質を引き出し、178度の広視野角を実現。DisplayHDR 400に準拠しており、ピーク輝度400カンデラに対応する。

ゲーミング機能として、ティアリングなどを抑えられる「NVIDIA G-SYNC Compatible」や「EXTREME LOW MOTION BLUR」、画面の暗いエリアをはっきりと映し出しながら、その他のエリアの明るさを最適化する「Dynamic Shadow Boost」を搭載する。

主な仕様は、解像度が1920×1080ドット、液晶パネルがIPS(ノングレア)、輝度が最大400カンデラ、コントラスト比が1000:1、応答速度が1ms(GtoG)、視野角が上下左右178度

  • 臨場感あふれるゲームプレイを求めるゲーマーのために設計された280Hz高速リフレッシュレートを備えた27型FHD(1920 x 1080)Fast IPS ゲーミングモニター
  • ASUS FastIPSにより、1msの高速応答(GTG)が可能に、高フレームレートかつシャープなゲームビジュアルを実現
  • G-SYNC Compatible認定モデル。VRR(可変リフレッシュレート)をデフォルトで有効にすることで、シームレスでティアリングのないスムーズなゲーム体験を提供
  • ASUSのExtreme Low Motion Blur Sync (ELMB SYNC™) により、ASUS独自のExtreme Low Motion BlurテクノロジーとG-SYNC Compatibleの同時有効化が可能に、画像のブレやチラツキを除去し高フレームレートかつシャープなゲームビジュアルを実現
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)とプロ向けの広色域により、DisplayHDR™ 400準拠のコントラストとカラーパフォーマンスを実現




Screenshot_20200403-180317_Chrome
ディスプレイインターフェイス、

DisplayPort 1.2×1、HDMI 2.0×2 

2W+2W出力のステレオスピーカーを内蔵
スタンドは、画面の高さ調節、                      ピポット機能、

左右の角度調節、前後の角度調節に対応する。
本体サイズは620(幅)×377~507(高さ)×211(奥行)mm【スタンド含む】重量は約5.6kgとなっています。
気になる価格は オープンとなっています

海外ではすでに、発売されており注目度、人気が高いです。
海外での値段は399ドル で日本円で48,000~50,000円位
大体そのくらいの値段ではないかと思われますが
実際その値段で販売されれば コスパは非常にいいですね。

下記の同じメーカーの165HZの

モニターが51,000円なので
仮にこれより安いと値段も性能も最強と言えるのではないでしょうか?



デメリットは、280HZ出せる ゲーミングPCを持っているかですね。


mixiチェック